teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド激安市場 bag53(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:鹿  投稿日:2009年10月 3日(土)02時51分23秒
  二匹の魚が部屋を泳ぐ
離した右手でガラスを割る

軋んだベッドで孤独を味わい
タバコの煙に愛を語る

もう忘れたし 眠りたい
早く返してくれればいい
スピードを泳ぐ魚になった

もう潰れたし  眠りたい
指輪をはずしてドレスを感じる
メリーにキス 描いたピアス
 
 

シークレット・ナイト

 投稿者:  投稿日:2003年10月13日(月)23時19分51秒
  体をくの字に曲げて喘ぐあの子僕を見て
冷たい格子の隙間から手を差し伸べて
「あたしにも空の飛び方を教えて下さい。」と
笑うような泣くようなしゃがれた声で言った

夜の嘆きを聞いてるのは
その様見ている黒猫のワルツ
夜の嘆きを聞いてるのは
慈悲深き捕らえられた青い鳥

静かに近づいた僕は彼女の栗色の髪を
優しく撫でて瞼に手のひらをあてた
白く細い首を包み込んだ後に聞こえるのは
賛美歌ではなく死に神の高い笑い声

夜の嘆きを聞いてるのは
ドブネズミが流した小さな滴
夜の嘆きを聞いてるのは
握りつぶされた蝶の羽の破片

夜の嘆きを聞いてるのは
その様見ている黒猫のワルツ
夜の嘆きを聞いてるのは
逃げ出した青い鳥が吐いた言葉
 

友よ

 投稿者:リョー  投稿日:2003年 7月14日(月)15時24分34秒
  友よ
あなたは今、一人闘っている
僕もその闘いに参加させて欲しい

友よ
もう一度、僕の前で笑えるように
その時まで、僕の幸いを賭けて祈ります

友よ
あなたに出会って、初めて
僕は本当の自分になれた気がした

友よ
友よ
友よ

頑張れ
頑張れ
頑張れ
 

取調室

 投稿者:A 道化メール  投稿日:2003年 3月 9日(日)21時29分44秒
 



ランタンの点灯にともなって
目を細めるのは、憂鬱の
つるりとした表面に映るものを見るためです
おそらく、どちらかと言えば今
夜みたいです


よく見ると耳からは血が出ています
今のところそれだけ
けれどからだの中は血で
多分いっぱい
そう思います


この部屋には私だけなので
私は犯したのか犯されたのか
それを知る術がありません
何も知らない脳はきっとひどくつめたい
そんな気がしています


血のさらさらが
コンクリートの床を、なにか
無駄に濡らしているような気がして
憂鬱の表面に
耳を貼り付けてみたところ


ランタンがぽたんと落ち
あなた少し眠ったら?
という意味の匂いを立てました
私はほっとして
目と耳を床に横たえ


つじつまがあう
その瞬間に立ち会ったことを
なんとなく、理解するのです





2003.3.9.
http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=bbsidx&bbsid=3440
 

狂人は心に

 投稿者:ドクターX  投稿日:2003年 2月22日(土)23時46分50秒
  狂人は今 野原に
狂人は今 野原に
楽しく遊んだゲーム ひな菊の花輪
笑い声を回想しながら
狂人は小路にその狂気の思いを馳せる

狂人は今 広間に
その数を増やしながら今 僕の広間に
新聞が床の上に折り曲がった顔をくっつけている
それでも 新聞配達の少年は
毎日新聞を投げていく

ダムが幾度となく歳月を押し流し
あの丘の上にも住み家がなくなり
おまえの頭が暗い予感に破裂した時
おまえは狂気の世界に自分を見出すのだ

狂人は今 僕の頭の中に
狂人は今 僕の頭の中に
おまえはカミソリの刃を手に持ち
僕の正気を取り戻そうと切り刻んでいく

おまえは僕の心に扉をおろし
その鍵を捨ててしまった
僕の頭の中に誰かがいる
僕以外の誰かが・・・・

雲が闇を切り裂き 雷鳴が轟く
おまえの恐怖の叫びを聞くものは誰もいない
バンドの仲間が様々な不協和音を奏で始める時
おまえは狂気の世界に自分を見いだすのだ

by PINK FLOYD
 

昔の侍

 投稿者:綾小路  投稿日:2003年 2月22日(土)22時06分54秒
  昔の侍は
自ら命を断つことで
自らを生かす道を
自ら知っていたという

戦う術を失う
我らは いたずらにその身体
秋風にさらしている
秋風にさらしている

冬支度済まぬ 寒き街と
夢遠き我が姿
ああ 重ねて消えた
我が姿は重ねて消えた

ああ 紅き空 昇り来る朝日よ
ああ さよなら
我らが青き日々よ

さよならさ
夢遠き我が姿
ああ 重ねて消えた
我が姿は重ねて消えた

たなびく雲 沈み行く夕日よ
ああ さよならさ
滅びし日本の姿よ
さよならさ
我らが青き夢よ
さよならさ
我らが青き夢よ

昔の侍は
自ら命を断つことで
自らを生かす道を
自ら知っていたという

さらば遠き我らが日々よ
さらば友よ

by MIYAMOTO


 

今日の日記

 投稿者:ようこメール  投稿日:2003年 1月10日(金)02時28分33秒
  明日には左足がなくなるから、今日は海まで歩いて行こう
あさってには左腕がなくなるから、たくさんギターを弾いていよう
しあさってには右足がなくなるから、遠く離れた君に会いに行こう
次の日には右腕がなくなるから、久しぶりに手紙を書こう
次の日には鼻がなくなるから、部屋に花を飾ろう
次の日には耳が聞こえなくなるから、ひたすらロックを聴いていよう
次の日には喋れなくなるから、母親にありがとうと礼を言おう
次の日には目が見えなくなるから、この空をきっと忘れないだろう
そしてこの鼓動も止まる。
しかし私は自らこの心臓を止めようとは思わない。
もしもその時がくるとすればそれは自分をダメ人間と嘆く時ではなく、
音楽を聴いても何も感じられなくなった時だろう。
今日はやる事がたくさんあっていつもより少し忙しい。
 

ケロヨン

 投稿者:ビックEメール  投稿日:2003年 1月 8日(水)05時43分34秒
  ケロヨンと一緒だよ、ケロヨン・・・
ケロヨンと一緒だよ、ケロヨン・・・

ケロヨンが僕に言う・・・・・・・・・・・・・・・・・ケロヨン
 

To Mr.War

 投稿者:HOART'S  投稿日:2002年11月27日(水)15時11分16秒
  誰も悪くなかった
誰かが誰かを愛しただけだ
誰かが誰かを守っただけだ
なのに
誰かが誰かを憎んだ
誰も悪くなかった
この血の海では
 

SASURAI

 投稿者:ユウシュウカン  投稿日:2002年 8月18日(日)00時53分2秒
  ひとつ また ひとつ 港を出て行く船
別れのしるしに 俺の影 置いていく

自由だけを 追いかける
孤独と引き替えにして

おまえの匂いは 記憶の彩りだけど
生きていく道連れは 夜明けの風さ

古い石畳 過ぎゆく時を見てる
どんな恋だって 色褪せ崩れてゆく

いつの日か この俺も
生命 尽き果てるなら

あの雲にまかせて 遥かに彷徨い歩く
生きてゆく道連れは 夜明けの風さ

そうさ 夜明けの風さ
蒼い 夜明けの風さ
 

愛なんて

 投稿者:HOART'S  投稿日:2002年 8月 9日(金)09時02分24秒
  俺がこのステージに立って何年になるか
彼女の為に歌ってるのに
彼女は気づかない
みんなに笑われて
でも
マスターと彼女だけは
真面目な顔をして話していた
きっと大事な話だろう
俺は見た
彼女とマスターが指輪を交換するところを

旅にでよう
駅まで行った
そしたら彼女が抱きついてきた
愛ってなんだろう。
マスターがいやににやけている。
 

殺し屋ジョーの物語

 投稿者:リチャード  投稿日:2002年 8月 5日(月)00時56分53秒
  生まれた時から呪われていたのさ
壁に書かれた落書き
二度と戻らない空
温度さえも感じない空気を

人は皆俺を殺し屋と呼んだよ
一度は呼ばれたい
神様だと
私にとっての 神様だって


育った新大久保の真っ白な闇
交通公園で娼婦の
お袋とゴーカートに乗った
焼け焦げたアパートの匂い

戻ってくれないかあの日の絶望よ
泣き虫だった
子供の頃は
一人ぼっちの 子供の頃は


初めて出来た友達は病気で
麻薬の申し子なのさ
奴の名前はスペード
外国人の頭を叩き割った

手当たり次第に傷つけ合って
刃こぼれナイフが
絡みついた
荒んだ心に 絡みついた


錆びついたネオンがしたたり落ち
病的なサラリーマンの
曇った目を見た時
俺は自分の宿命を知ったのさ

爆弾抱えて列車に飛び乗る
最期に見たのは
母親の夢
大嫌いだった 母親の夢
 

Let's Cry ”せみ”

 投稿者:ぽーる・・すみす  投稿日:2002年 8月 5日(月)00時47分24秒
  せみが鳴く~
ああ~せみが鳴く~

たとえ3日のいのちでも~
せみは鳴く”せみ”は鳴くのさ”せみ”だから~

今日も暑いね、なつだから?
今夜のつまみは、なんだろ~ぅ?

教えてあげない”せみ”だから
冷たいはずだぜ”せみ”だから
3日の命さ”せみ”だから
あぶらじゃないのさ
みんみんさ~yey!

http://www7.plala.or.jp/hironorihouse/

 

或る阿呆の独白  

 投稿者:JB  投稿日:2002年 7月10日(水)03時32分47秒
  嗚呼、嗚呼、
ドウシテ。
今ノ今マデ 気ガ付カナカッタノ乎。
アノ人ハ トッテモ トッテモ
寂シカッタノダ。 
私ヲ抱イタ アノ腕ハ
私ヲ抱イテハ イナカッタノダ。
嗚呼、嗚呼。
ト・リ・カ・エ・シ・ガ・ツ・カ・ナ・イ。。
幸福ヲ願ウ乎。
不幸ヲ願ウ乎。
モウ ドウデモイイ。
嗚呼、疲レタ。
消エテ
終イダ。

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Yurinoki/8260/

 

するべきこと

 投稿者:森下 葉子  投稿日:2002年 7月 3日(水)21時50分47秒
  あなたはいつも 悩んでいる
あなたはいつも 思っている

ナゼワタシナンカガ イキテルノ…

その答えは あなたにはわからない
その答えは わたしにはわからない

あなたを失ってしまうことを恐れ
ただ嘆いていたけれど
私のするべきことは 恐れることではない
私のするべきことは 嘆くことではない

どんなあなたでも 受け入れられる
そんなあなたでも 受け入れられる
勇気をもつこと
それが私のするべきことだね
 

純粋

 投稿者:無月  投稿日:2002年 4月20日(土)20時26分43秒
  貴女はまだきずいてないんだよ
明るくて
活発で
正義感の強い
純粋な貴女は
私の暗い闇の部分に
 

コンプレックス

 投稿者:  投稿日:2002年 1月20日(日)17時04分27秒
  グラウンドで一人涙を流すキミ
私の影に気づいて振り返っては
格好悪いだろうと笑うけど
そうやって本気になれるキミに
私は惚れたのです

キミから見れば全然子供な私で
とても危なっかしく見えるのか
いつも前に立ってくれるけど
私より遠いとおい場所にいるキミに
追いつきたくて仕方がありません

同じ高さになれないと支え合えないなら
そこまで上り詰めてやろう
キミがしゃがんでくれなくていい
何時か追いつくから
待っていて
 

Love Song

 投稿者:メール  投稿日:2001年10月24日(水)15時46分9秒
  倒れないでくれ
倒れないで欲しい
倒れないでくれ
倒れないで欲しい

短い命の最後まで
必ず 必ず
なぜなら
お前の
キレイな話を
ずっと聞きたいから

涙が
流れ落ちても
必ず 必ず

倒れないでくれ
倒れないで欲しい
倒れないでくれ
倒れないで欲しい

by Takao Tajima"Love Song"
 

花嫁衣裳

 投稿者:エマコ  投稿日:2001年10月22日(月)09時58分41秒
  あのコの長い髪からいつも苺の匂いがした
長いまつげを伏せた笑い方はいつもあたしを狂わした
澄んだ瞳に惑わされ あたしはあのコの虜になる

あのコの唇に触れてミタカッタノ・・・

澄んだ瞳をくしゃくしゃにして
あたしはあのコを殺したい
あのコを真っ赤なドレスで包むのが あたしの夢です
素敵な 花嫁衣裳でしょう?
 

畜生になれ

 投稿者:リチャード  投稿日:2001年 6月15日(金)07時43分22秒
  不具者たちよ宴はいつまで続く

バチカンに隠蔽された告白

生まれいずる孤独

畜生になれ

畜生になれ

畜生になれ
 

レンタル掲示板
/4